XPが起動できなくなるまで

前回はChromium osをインストールしてみましたが。

今度の実験は、ChromiumとUbuntuのデュアルブートです。

ちなみにBIOSでマスターを起動するとXP pro。

スレイブで起動すると、ChromiumかUbuntuが立ち上がるようにするつもりです。

1)最初にChromiumをインストールして、あとからUbuntuを「普通に」インストールしてみました。Ubuntuは最初から?先に入っているOSを残してインストールできるので。再起動してみるが失敗でした。そんなに簡単ではないようですね。

2)調べてみたところ、Croutonというものを使えばデュアルブートにできるらしいです。他にもいくつか方法があるのですが、ChromiumとUbuntuの両方を起動して、簡単にOSを切り替えて作業できるしいです。わくわくしますね。ChromiumuからCroutonをインストールして、それからUbuntuをインストール。

3)ところが大失敗。Ubuntuはインストールできなかった上に、マスターはレスキューモードに入ってしまい、XPも起動できなくなってしまいました。なんでスレイブで作業を行ってるのに、マスターのMBRまで書き換えちゃうの? もう、いやーん。

4)レスキューモードから修復できればいいのですが、俺にはその知識がないのです。XPのCDを入れて、修復モードに入れば一番簡単っぽい。いったんFDDから起動して(俺のPCはFDDからしかファーストブートできない)、そこからCDにつないでみました。ですが、CDはちっとも回りません。

5)USBにはつなげることがわかり、修復ソフトをUSBに入れて使ってみて(何だったかは忘れました)、結局、マスターがふたつのパーティションに分かれたものの(どの時点でふたつになったていたのかも謎なのですが)、フロッピーから起動して、XPが入っているパーティションを最初に読んでみました。するとXPの起動に成功! これで一安心です。

6)ここでやめれば良かったのに。CDから起動できないなら、フロッピーの起動ディスクを作ればいいのでは? FDDから起動して回復モードに入って作業すれば、完全に直せるんじゃないかな。マイクロソフトのウェブページを検索して、起動ディスクのフロッピー版を発見。が、とっくにリンク先は消えていました…

7)なぜ、ここで諦めなかったのか。FDから起動できるフリーソフトを見つけて、それを倉庫から見つけ出したFDに書き込むことに。これを使えば、完全に直せるかも。そうしたら…FDDから異音! あああ! 今度はFDDがお亡くなりになってしまいました。

8)FDから起動できないので、XPは完全に起動できない。FDから起動できないので、USBからも起動できない。できるのはスレイブに入っているChromiumを使うことのみ。

ひとまずこれでギブアップだよ。

しかし、こんなことで諦める俺じゃねえ!

次回は、ここから死んだXPを蘇らせます。

LINEで送る
Pocket