中古でノートパソコンを買う:とりあえずChromium OSを起動してみたの巻

デスクトップはXPpro、ノートは10の2in1を持っているのですが、いろいろと実験してみたくて、安い中古ノートパソコンを買いました。

どれくらい安いかと言うと…500円ちょっと!

OSなし、動作保障なしの、まったくのジャンク品。

「何もそんな物に手を出さなくても…」というご意見は凄く正しいのですが、逆に面白いんじゃないかと。

10000円のノートは動いて当たり前。俺はあえてギャンブルするぜ! その方がネタになるし。

で、この写真が、そのパソコン。

スペックはCore2Duo2.1GHz、2.5GBメモリ、HDD80GB、FDD、マルチDVDドライブ、PCカードスロット等々。

いまどきFDDとかシリアルポートが付いていたり明らかに旧世代でありながら、Core2Duo、メモリが最大4GBってのが面白いマシンですね。

見た目はキズもほとんどなし。キーボードもきれい。ゴム足がいくつか無いですが、これはたいした問題じゃない。

電源を入れてみたら、動作確認さえされていないマシンだけど、BIOS画面に入れました。

おお、USBからもブートできるじゃん。

OSが入っていないので、まずは試しにUSBからChromium OSを起動。単なるテストなんですけど。

すると…普通に起動したよ。よしよし。

だが、タッチパッドが効かない! これはChromium OSの問題か? まずはUSBマウスをつないで続行(あとでOSの問題だとわかり、タッチパッドも認識しました)。

ちなみに無線LANは付いてないので、まずはPCカード型無線子機を挿してみました。しかし、これは認識できなかった。まあ、古いので覚悟の上です。

次はUSB型子機。これはChromium OSが認識できると調査済みなので、何も心配なし。さくっとネットにつながりました。

あとはいろいろと設定してから、マシンを試す。

それでわかったこと。

液晶の発色がいまいち。しかしドット欠けはない。

キーボードはすべて問題なし。

バッテリーは死んでいる。

もろもろから総合すると、最低限、Chromium OSマシンとしては使えるようです。

これは俺、ギャンブルに勝ったな!

 

次回はVistaをインストールしてみます。

LINEで送る
Pocket