中古でノートパソコンを買う:Bluetoothアダプタを導入するの巻

前回、Skypeのためにヘッドセットを導入しようしたら、Bluetoothアダプタが使えない、という話をしました。

アダプタ自体はきちんと認識できているので、おそらくドライバの問題だろうと思ったので、そこら辺を調査する。

このPLANEXのBT-Micro4は、ネットによると「Windows標準のドライバで動くのでインストールは不要」。事実、Andoroidで使っていた時はドライバのインストールなどしなかった。

ドライバを自動更新すれば何とかなるか?と思ったが、「最新のドライバが入っています」と返されて、どうしようもない。

ただ接続されたデバイス名を見るとBT-Micro4ではなく、「CSR8510A10」となっている。ここら辺にヒントはないか?

調査すると、BT-Micro4の中に入っているチップ(?)がCSR8510A10だ、ということらしい。

で、BT-Micro4の接続で悩む人は他にもいて、それに「他社だけどCSR8510A10を使っている製品のドライバを入れれば動くかも」という回答があった。

さっそく調べて、インストール。

するとドライバは更新され、何だか一歩進んだ。記憶が曖昧なんだけど、今まで見たことのないヘッドセットの接続画面が表示された気がする。

成功か、と思ったが、またその画面が出なくなり、それどころか「メーカーに問い合わせろ」というポップアップ。

うーん。やはり、こんな強引な手段は無理だったか。

再びネットで調べると、どうもBT-Micro4には、前のモデルには「ドライバを収録したCD」が付属していたらしい。

何だそれ!欲しいぞ!

公式ページには「だから標準ドライバで動くんだから、ドライバのダウンロードなんて必要ないんですよ」と書いてある。ドライバなんてどこにもない(過去のダウンロードページのアドレスは見つけ出した)。

ネットのどこかに転がってないかと調べると、怪しい海外サイトがひとつヒットしたものの、これは止めておいた方がいい、とゴーストが囁く(ゴーストインザシェル公開記念)。

もう諦めようかとBT-Micro4のケースを良く見てみたら…。

これ、前のモデルだぞ!

えええええ?

中を開けてみたら、説明書の間に小さなCD(シングルCDっていうやつ)が挟まっていた!

青い鳥はここにいたのか(Bluetoothだけに)。

それを突っ込んでドライバをインストールしたら…完全に使えるようになったよ。

今までの苦労は何だったんだあ。

結論。

PLANEXは、旧モデル(専用ドライバ必要)と新モデル(標準ドライバで動く)に、同じBT-Micro4って商品コードを付けるな! ぜんぜん別な商品だろ!

あと、旧モデルのために、ドライバはちゃんとホームページに残しておけ! 皆が皆、CDをきちんと保管している訳じゃないぞ(CDを無くしてたら、接続はもう無理だったと思う)!

ああ、疲れた。

LINEで送る
Pocket

中古でノートパソコンを買う:Windows7をインストールするの巻

前回の続き。と言っても、特筆すべきことはない。

Windows7SP1のDVDを入れて、クリーンインストール。引き継ぎたいデータはないからね。

その後、更新を延々やったような気が?

で。それから環境作り。

〇ウイルスバスタークラウド
まあ基本。ひとアカウントの購入で3台までインストールできる。ひとつ余ってたので、出費なし。

〇Power2Go
以前購入したDVDドライブに付いてきた、DVD等を焼くソフト。入れたものの、本当に使えるのか? メーカーではじいたりしないのか? 起動は普通にしてました。

〇LibreOffice
このマシンでは、Libreでローカル作業をして、WordOnlinで成型するつもり。ただWordOnlineではできないこともあるので、最終的には嫁さんのマシンを借りると思われ。全部、自分のマシンで作業したいのだけどなあ。

〇Acrobat Reader DC
これがないとPDFが読めないので。

〇Skype
やり取りに使う。
ちなみにUSBブルートゥースレシーバーを挿して、ヘッドセットを試してみたが、なぜか音が出ない。マイクとしては使えるみたいなのに。今度ヒマな時に調査することにして、とりあえず有線。

〇FFFTP
ホームページの(特殊な)更新などに使う。昔から愛用しております。

〇OneDrive
現在のメインクラウド。

あとは解凍ソフトなど(お試し中)。

ひとまず「中古でノートパソコンを買う」はこれにて終了。

またなんかあったら、続きを書いたりするかも。

LINEで送る
Pocket

中古でノートパソコンを買う:Remix OSをインストールしてみたの巻

前回の書き忘れ。

Vistaは無線子機を認識しなかったのでした。

付属CDに収録されているドライバも古いので、最新を旧XPマシンでダウンロードしてUSBで入れました。

で。

Core2Duoを搭載したマシンを入手したらやってみたかった実験のひとつ、Remix OSをインストールしてみたよ!

これはまあ、ざっくり言うとAndorid OSをパソコンで走らせるというもの。パソコンで使いやすいようにカスタマイズされているのがポイントですね。

使ってみた感想は、まあ面白いけど、よっぽどの理由がない限り、日常的に使う必要性はないかな。

Andoroidでしか存在しないアプリ(ゲームとか?)をやるには楽しいかもだけど、だいたいはWindowsでできるわけだし。

しばらく試したのち、そっとアンインストールしました(簡単にできる)。

次回は、Windows7を導入してみます。

LINEで送る
Pocket

中古でノートパソコンを買う:Vistaをインストールしてみたの巻

前回は、とりあえずChromium OSをUSBから起動してみましたが。

うちにVistaのDVD(Ultimateただし英語版)とプロダクトコードがひとつあったので、実験的にインストールしてみました。

結果としては、きちんと作動。

ただし、IEが古すぎていろいろ更新できないのだが、そもそもIE自体を更新できないのでどうしようもないという。

また、英語版を日本語に変更するためアレコレしたせいか、ソフトのインストールができない。

そこでVistaのサポートは2017年4月11日までだし、新しいOSを購入してみることに決定しました。

7が使えるか調べてみたら、

アップグレード可能とのこと。

これは7に移行なのか?

というところで、また次回。

LINEで送る
Pocket

中古でノートパソコンを買う:とりあえずChromium OSを起動してみたの巻

デスクトップはXPpro、ノートは10の2in1を持っているのですが、いろいろと実験してみたくて、安い中古ノートパソコンを買いました。

どれくらい安いかと言うと…500円ちょっと!

OSなし、動作保障なしの、まったくのジャンク品。

「何もそんな物に手を出さなくても…」というご意見は凄く正しいのですが、逆に面白いんじゃないかと。

10000円のノートは動いて当たり前。俺はあえてギャンブルするぜ! その方がネタになるし。

で、この写真が、そのパソコン。

スペックはCore2Duo2.1GHz、2.5GBメモリ、HDD80GB、FDD、マルチDVDドライブ、PCカードスロット等々。

いまどきFDDとかシリアルポートが付いていたり明らかに旧世代でありながら、Core2Duo、メモリが最大4GBってのが面白いマシンですね。

見た目はキズもほとんどなし。キーボードもきれい。ゴム足がいくつか無いですが、これはたいした問題じゃない。

電源を入れてみたら、動作確認さえされていないマシンだけど、BIOS画面に入れました。

おお、USBからもブートできるじゃん。

OSが入っていないので、まずは試しにUSBからChromium OSを起動。単なるテストなんですけど。

すると…普通に起動したよ。よしよし。

だが、タッチパッドが効かない! これはChromium OSの問題か? まずはUSBマウスをつないで続行(あとでOSの問題だとわかり、タッチパッドも認識しました)。

ちなみに無線LANは付いてないので、まずはPCカード型無線子機を挿してみました。しかし、これは認識できなかった。まあ、古いので覚悟の上です。

次はUSB型子機。これはChromium OSが認識できると調査済みなので、何も心配なし。さくっとネットにつながりました。

あとはいろいろと設定してから、マシンを試す。

それでわかったこと。

液晶の発色がいまいち。しかしドット欠けはない。

キーボードはすべて問題なし。

バッテリーは死んでいる。

もろもろから総合すると、最低限、Chromium OSマシンとしては使えるようです。

これは俺、ギャンブルに勝ったな!

 

次回はVistaをインストールしてみます。

LINEで送る
Pocket

カシオから腕時計の修理見積もりが届く

以前、カシオのソーラー電波腕時計が動かなくなった話をしました。

それでバッテリー切れなのかな?と思って修理依頼に出しておりました。

すると昨晩、メールで連絡が来て「バッテリー切れではなく回路基盤の不良です」とのこと。

そのメールには見積もりも書いてありまして。

部品代はゼロ! 無料!

「故障」ではなく「不良」だから? つまり初期不良というやつなのかな?

しかーし。

技術料が6000円! 高え!

同じ腕時計を新品で買うよりは、ぜんぜん安いわけですが、それでもこの修理代はなあ。

で、嫁さんと早朝に家族会議を開きました。

どうせなら新しい時計を買っちゃおうか、ということで決着。

さーて、新しい腕時計を物色しますよ!

楽しい!

LINEで送る
Pocket

Plop Boot Managerえらい

以前、フロッピーディスクドライブが壊れてしまい、そこからチェーンブートすることができず、結果としてUSBからブートできなくて困ったなあ、という話をしたのですが。

良く考えたら、うちのマシンはCDドライブからもブートできるじゃないですか!

CDからブートして、Plop Boot Managerを使ってUSBにチェーン。

これならうまくいくかも!

さっそくCDにISOを焼いて、そこからブート。

やった! うまくいったよ(わりと当たり前)!

まあ…XP、ChromiumuOS、Ubuntuと入ったマシンなので、もういじらないだろうけど。

(RemixOSを試してみたいが、マシンスペックが足りないのです)

現在、Core2Duo、2GBメモリのマシンを安く手に入れようかなあ、と思ってます。

これにRemixOSを入れて実験してみたいんだよなあ。

 

LINEで送る
Pocket

今度は腕時計のバッテリーが

今度は、愛用しているカシオの腕時計のバッテリーが、へたってしまいました。

電池なら素直に交換すればいいのですが、ソーラー充電なんですよ。

この場合も電池は交換できる、するものなのかなあ?

調べてみようっと。

LINEで送る
Pocket

Nexus7のバッテリーを交換する

Nexus7がついに、充電してもしてもメーターが上がらない、という状況になってしまいました。

というわけで。

自分でバッテリーを交換したよ。

そうだ! 殻を割らなきゃね!

写真は殻を割り、旧バッテリーを取り出したところ。

殻を割るコツは、隙間にまず細いカッターをねじ込んで、開いたところに小ドライバーを差し込み、少しづつ周回する。

バッテリーを外すコツは、強力な両面テープで固定されているので、こちらもドライバーで少しづつ。最後はコネクタに気を付けて、力技。

そうしたら新バッテリーのコネクタを取り付けて、逆の過程で戻す。

電源ボタンを押して確認。

無事に起動したよ!

現在、充電中です。

どれくらい改善されるか楽しみだ。

LINEで送る
Pocket

Nexus7のバッテリーを買う

俺のNexus7が、一晩充電してもバッテリーがフル状態にならないようになってしまいました。

そろそろ買い替えの時期だとは思うのですが、もう少し頑張ってもらいたい。

せめて噂の、新しいNexus7が出るまでは(ずっと噂だけなので出ないかもしれないのですが)。

という訳で、通販で新しいバッテリーを買ってみました。

もちろんNexus7にバッテリー交換用のフタなんてものはありません。

おたく用語で言うところの「殻割り」、つまり本体を無理やり割って交換するのです!

で。

買ったのはいいのですが、まだ本体を「割る」勇気が出なくて、交換はしてません。

そろそろ、やってしまおうとは思っているのですが。

神様!

こんな俺に勇気をください!

LINEで送る
Pocket