中古でノートパソコンを買う:Remix OSをインストールしてみたの巻

前回の書き忘れ。

Vistaは無線子機を認識しなかったのでした。

付属CDに収録されているドライバも古いので、最新を旧XPマシンでダウンロードしてUSBで入れました。

で。

Core2Duoを搭載したマシンを入手したらやってみたかった実験のひとつ、Remix OSをインストールしてみたよ!

これはまあ、ざっくり言うとAndorid OSをパソコンで走らせるというもの。パソコンで使いやすいようにカスタマイズされているのがポイントですね。

使ってみた感想は、まあ面白いけど、よっぽどの理由がない限り、日常的に使う必要性はないかな。

Andoroidでしか存在しないアプリ(ゲームとか?)をやるには楽しいかもだけど、だいたいはWindowsでできるわけだし。

しばらく試したのち、そっとアンインストールしました(簡単にできる)。

次回は、Windows7を導入してみます。

LINEで送る
Pocket

中古でノートパソコンを買う:Vistaをインストールしてみたの巻

前回は、とりあえずChromium OSをUSBから起動してみましたが。

うちにVistaのDVD(Ultimateただし英語版)とプロダクトコードがひとつあったので、実験的にインストールしてみました。

結果としては、きちんと作動。

ただし、IEが古すぎていろいろ更新できないのだが、そもそもIE自体を更新できないのでどうしようもないという。

また、英語版を日本語に変更するためアレコレしたせいか、ソフトのインストールができない。

そこでVistaのサポートは2017年4月11日までだし、新しいOSを購入してみることに決定しました。

7が使えるか調べてみたら、

アップグレード可能とのこと。

これは7に移行なのか?

というところで、また次回。

LINEで送る
Pocket

中古でノートパソコンを買う:とりあえずChromium OSを起動してみたの巻

デスクトップはXPpro、ノートは10の2in1を持っているのですが、いろいろと実験してみたくて、安い中古ノートパソコンを買いました。

どれくらい安いかと言うと…500円ちょっと!

OSなし、動作保障なしの、まったくのジャンク品。

「何もそんな物に手を出さなくても…」というご意見は凄く正しいのですが、逆に面白いんじゃないかと。

10000円のノートは動いて当たり前。俺はあえてギャンブルするぜ! その方がネタになるし。

で、この写真が、そのパソコン。

スペックはCore2Duo2.1GHz、2.5GBメモリ、HDD80GB、FDD、マルチDVDドライブ、PCカードスロット等々。

いまどきFDDとかシリアルポートが付いていたり明らかに旧世代でありながら、Core2Duo、メモリが最大4GBってのが面白いマシンですね。

見た目はキズもほとんどなし。キーボードもきれい。ゴム足がいくつか無いですが、これはたいした問題じゃない。

電源を入れてみたら、動作確認さえされていないマシンだけど、BIOS画面に入れました。

おお、USBからもブートできるじゃん。

OSが入っていないので、まずは試しにUSBからChromium OSを起動。単なるテストなんですけど。

すると…普通に起動したよ。よしよし。

だが、タッチパッドが効かない! これはChromium OSの問題か? まずはUSBマウスをつないで続行(あとでOSの問題だとわかり、タッチパッドも認識しました)。

ちなみに無線LANは付いてないので、まずはPCカード型無線子機を挿してみました。しかし、これは認識できなかった。まあ、古いので覚悟の上です。

次はUSB型子機。これはChromium OSが認識できると調査済みなので、何も心配なし。さくっとネットにつながりました。

あとはいろいろと設定してから、マシンを試す。

それでわかったこと。

液晶の発色がいまいち。しかしドット欠けはない。

キーボードはすべて問題なし。

バッテリーは死んでいる。

もろもろから総合すると、最低限、Chromium OSマシンとしては使えるようです。

これは俺、ギャンブルに勝ったな!

 

次回はVistaをインストールしてみます。

LINEで送る
Pocket