ボイス台本020

利用規約

20.姉御肌な保健室の先生
「よお、今日の調子はどうだ? 昨日、びっくりしたぞ。保健室に青い顔して来たお前が、いきなり目の前で倒れるんだもんなあ。今日も無理するなよ。お前、退院したばかりで、まだ体力がないんだから。ちゃんと朝飯は食ってきたか? ええ、たったそれだけかよ。だめだなあ。これから保健室に来いよ。いっしょに、めし食おうぜ。だーめ。来るんだよ。これは先生の命令だぞ! ほら、はやく来いよ」
LINEで送る
Pocket

ボイス台本019

利用規約

19.ちょっと意地悪な妹
「あー、お兄ちゃん、えっちな本を読んでるう。いいのかなあ。お母さんに、いいつけちゃおうかなあ。えいっ! 奪っちゃえ! だーめ、あたしがチェックするの。どれどれ? あ、すごーい。こんなにえっちな本、読んでるんだあ。お兄ちゃん、さいてーい。ねえ、やっぱり男の人って、こういう胸の大きな人が好きなの? そ、そうよね。それは人それぞれよね。で、お兄ちゃんは? お兄ちゃんは、どうなのよ? え? それは女性の魅力に関係ない? ふ、ふん、少しは見直してあげようかな。そうよ、たとえ胸が小さくても魅力的な女の子はいるの。あたしみたいにね! え? お尻が小さすぎる? 女性の魅力は、やっぱりお尻だって? お兄ちゃん……最低」
LINEで送る
Pocket