シナリオ002『新しいお母さん』

以下の利用規約に準ずる限り、音声作品の脚本として自由に使用することができます。

利用規約


トリニティムーンフリー脚本002

『新しいお母さん』

20151029

高辻カンナ

icon_146971_64icon_120971_64


 

晴美……新しいお母さん

 

まどか……年頃の娘

 


 

晴美「『使用フリー脚本』002」

 

まどか「『新しいお母さん』」

 

ちょっと間。

 

晴美「まどかちゃーん。晩御飯できたわよー。まどかちゃーん。あら?」

 

まどか「か、かってに部屋にはいってくるんじゃねえよ」

 

晴美「だってドアが開いてたんだものー。でも、ごめんね。お母さん、まどかちゃんを怒らせちゃったかしら」

 

まどか「ああ、げきおこだよ。でもその前に、言っておく。お母さんじゃねえよ。あたしはまだ、あんたを新しいお母さんとは認めてないんだからな」

 

晴美「ああん、お母さん、悲しい。でもせめて、『あんた』って呼ぶのはやめて欲しいわあ。だって、もう一緒に暮らしてるんだもの。ね、せめて名前で呼んで。お願い、まどかちゃあん」

 

まどか「ちぇっ、しょうがねえなあ」

 

晴美「じゃあ、呼んでみてえ」

 

まどか「今なのかよ」

 

晴美「うん、い、ま。お願い、はやくう」

 

まどか「は、晴美……さん」

 

晴美「ああん。嬉しいわあ。お母さん、こんな可愛い妹が欲しかったのお。もー、ぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅっ」

 

まどか「抱きつくんじゃねえよ、うっとおしいなあ」

 

晴美「可愛い妹みたいだけど、戸籍上は娘になるのよねえ。でも歳が近いんだから、気持ち的には妹になっちゃっても仕方がないわよね。うーん? まどかちゃんはどういう気持ちかな?」

 

まどか「そういうデリケートなことを直球で聞くなよ。あたしだって、まだ整理がつかなくて悩んでるんだよ。少しは察しろ」

 

晴美「あら、悩み? お母さんに、何でも相談してごらんなさい。お母さん、まどかちゃんの力に、きっとなってみせるわ」

 

まどか「だから、晴美さんのことで悩んでるんだよ。お母さんお母さんって何度も言うな。って言うか、部屋を出てってくれる? この家には、プライバシーもないのかよ」

 

晴美「うーん? あのね、お母さんもね、それはちょっと困ってるのよ?」

 

まどか「……どういうことだよ」

 

晴美「あら、まどかちゃん、聞いてくれるの? 優しいわあ」

 

まどか「単なる興味だよ。優しいからじゃねえよ」

 

晴美「あのね、この家、ちょーっと壁が薄いでしょ? お母さんとお父さんが、夜中にえっちしてる時の声、まどかちゃんに聞こえてないかしら? どう?」

 

まどか「だから直球で聞くんじゃねえよ。答える方が逆に気まずいだろ」

 

晴美「で、どう? やっぱり聞こえてる?」

 

まどか「ああ、ばっちり聞こえてるよ。毎晩、あんあんあんあん、良くも飽きずにやってるな」

 

晴美「あーん。お母さん、やっぱり声が大きく出ちゃうのよねえ。でもね、それはお父さんがテクニシャンだからなのよ? ひとりでする時は、もう少し静かよ?」

 

まどか「そんなこと聞いてねえよ。つーか、お父さんと晴美さんがえっちしてる姿、想像しちゃっただろ。年頃の娘には、もっと気をつかえよ」

 

晴美「まどかちゃんはどう? 声がやっぱり出ちゃうタイプ?」

 

まどか「あたしのことは、どうでもいいだろ。第一、何でそんなことまで、晴美さんに話さなきゃいけないんだよ」

 

晴美「あらあ。家族の間では、隠し事はなしだわ」

 

まどか「それは普通、隠す事だろ。むしろ家族なら、余計に隠したい事だろ」

 

晴美「あたしは声も大きいけど、おつゆも多いタイプなのよねえ。毎晩、シーツがぐっしょりになっちゃうの」

 

まどか「だから聞いてないだろ。お父さんと晴美さんがえっちしてる姿、また想像しちゃっただろ。普通ならとっくに、家出してるレベルのデリカシーの無さだぞ」

 

晴美「ネットでググったら、ペットシーツを下に敷けばいいって書いてたのよ。でも、わんちゃんもいないのに、ペットシーツを買うのもねえ。ご近所の人に見られたら、何てごまかせばいいのかしら。まどかちゃんは、どう思う?」

 

まどか「知らねえよ。つーか、ペットシーツを使うとか、変な知識をあたしに教えるな。年頃だって言ってるだろ」

 

晴美「まどかちゃんには、そういう悩みはないのね。うらやましいわあ。でもたっぷり濡れないと、えっちの時、痛くない?」

 

まどか「知らないよ! あたし処女だから! そんなこと、まだ知らないのっ!」

 

晴美「あらあ。どうして処女なの? まさか、お尻でしてるとか?」

 

まどか「なんでだよ。単純に、彼氏がいないからだよ」

 

晴美「うーん? どうして彼氏がいないの?」

 

まどか「あたしが可愛くないからだよ」

 

晴美「あらあ。そんなことないわ。まどかちゃん、あたしなんかより、とっても可愛いわよ? だって、あのお父さんの娘なんだもの。うん、可愛い、可愛い。モデルにだってスカウトされたこともあるんでしょ?」

 

まどか「でも、いつも言われるんだ……お前、ちっとも可愛くないって……」

 

晴美「あら? それは性格のお話? そんなことないわよ。内面だって、とっても可愛いと思うの」

 

まどか「こうして晴美さんに、冷たくしてても?」

 

晴美「うん。関係ないわ。まどかちゃんは、とっても可愛い」

 

まどか「可愛くないよ! ちっとも可愛くないよ! 晴美さんのこと、祝ってあげようと、お母さんって呼んであげようと思ってたのに! でも、やっぱりできなくてっ! こうやって冷たく当たってるしっ! ああ、もう! あたし、何か変なこと言ってるし!」

 

晴美「もお、まどかちゃんったらあ。ぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅーっ」

 

まどか「晴美……さん……」

 

晴美「いいのよ。まどかちゃんが可愛い女の子だってこと、お母さんは、ちゃーんとわかってるの。だから無理しなくていいから、ね?」

 

まどか「う、うん……」

 

晴美「さあ、ご飯が冷めちゃうわよ。はやく台所に行って食べましょ、ね?」

 

まどか「うん……」

 

晴美「あー。お母さん、もう、お腹ぺこぺこだわあ」

 

まどか「あ、あの! お、おか、おかあ……」

 

晴美「なあに?」

 

まどか「お、お母さんとか、これで簡単に呼ぶと思うなよ! あたしはまだ、晴美さんのこと、お母さんとは認めてないんだからな!」

 

晴美「うーん、それは残念。もうひと押しだったかしら?」

 

まどか「で。今日のメニューはなんだよ」

 

晴美「お父さんが大好きな、ハンバーグよぉ」

 

まどか「またハンバーグなのかよ! (小声で)ちぇっ、しょうがないなあ……うちの、新しいお母さんは」

 

おわり

LINEで送る
Pocket

ボイス台本018

利用規約

18.優しいお姉さん
「うふふ。じゃあ、えっちなこと、しましょうか。お姉さんが、あなたの初めて、してあげますね。ああん、可愛い。あなたのおちんちん、可愛いです。ううん、馬鹿になんてしていませんよ。緊張してるのかな? まだ完全に、大きくなっていませんね。では最初はお口で、綺麗にしてあげます。(フェラ)んん、んちゅ。んんっ、ん、ん。んあ。んん、んん。うふ。お口の中で、すっごく大きくなっちゃいましたね。もう、口には入りきらないです。だから今度は、あたしの中で、気持ち良くしてあげますね。んん。あっ! ああっ! 入りましたよ? どうですか、初めてのセックスは。あなたの、素敵な思い出になりたいな。ああっ、あっ、あっ。あーん、ああっ、ああっ」
LINEで送る
Pocket

シナリオ001『科学部の危険なアルバイト』

以下の利用規約に準ずる限り、音声作品の脚本として自由に使用することができます。

 利用規約


トリニティムーンフリー脚本001

『科学部の危険なアルバイト』

20150825

高辻カンナ

icon_146971_64icon_120971_64


 

陽子……高校の後輩

 

ミドリ……高校の先輩

 


 

陽子「『使用フリー脚本』001」

 

ミドリ「『科学部の危険なアルバイト』」

 

ちょっと間。

 

陽子「せんぱーい。ミドリせんぱーい」

 

ミドリ「あら、やっと来たわね、陽子ちゃん」

 

陽子「あたしに用事って何ですか? ピラミッドパワーの人体実験なら、もうお断りですよ。あれ、頭が、ゆわんゆわんするんです」

 

ミドリ「やあねえ、陽子ちゃん、非科学的。世の中にピラミッドパワーなんて、あるわけないじゃないの。ここは科学部。もっと科学にのっとった話をしましょうよ」

 

陽子「はあ。たとえば?」

 

ミドリ「永久機関とかゾンビパウダーとかオルゴンエネルギーの話よ」

 

陽子「ひとつも聞いたことがないんですう」

 

ミドリ「陽子ちゃんは勉強不足ねえ。まあ、いいわ。とりあえず、このお茶を飲んで話を聞きなさい」

 

陽子「はい。ミドリ先輩って、やっぱり優しい人ですね。ごく、ごく、ごく。色は青くて変だけど、美味しいお茶です」

 

ミドリ「でしょ? でね、今日、部室に来てもらったのには、ちゃんとわけがあるの。陽子ちゃん、アルバイトしない?」

 

陽子「アルバイトですか! 嬉しいです! 今月はちょっとピンチで、大好きなダークモカチップクリームフラペチーノは、ベンティが毎日、飲めないのです」

 

ミドリ「ちなみにそれ、480キロカロリーよ」

 

陽子「うーん? どれくらいでしょうか?」

 

ミドリ「ごはんで言うと、おちゃわん約2杯分。運動で言うと、ゆっくりめなジョギングで約1時間ぐらいね」

 

陽子「約1時間! そうか……それで……なのですね」

 

ミドリ「そう。最近、陽子ちゃん、ぷにぷにしてるでしょ」

 

陽子「ああん! やっぱりそう見えますか! ああん! スリムでつるぺたなロリっ子ボディが自慢だったのにい! コアなファンに直撃だったにい!」

 

ミドリ「そこで、これの出番なのよ。元のボディに戻す、いい薬」

 

陽子「うーん? この薬は何ですか?」

 

ミドリ「あたしが発明した、画期的なダイエットの薬よ。ちょっと飲んで、人体実験になりなさい。アルバイト代はきちんと出すから」

 

陽子「見るからに青色で、いやな感じのカプセルなのですう」

 

ミドリ「いいから、はやく飲みなさい。そのアルバイト代で、陽子ちゃんの好きな、ダークモカチップクリームフラペチーノが、ベンティで毎日飲めるわよ」

 

陽子「うう。それはとても魅力的なのです」

 

ミドリ「そしてまた太り、薬を飲んでまた痩せて、そのバイト代でまた太り、と、あたしの便利なモルモットになりなさい!」

 

陽子「それはいやです! きっと身体を壊します!」

 

ミドリ「大丈夫。あたしは天才だから。まあ、来月にはその薬が完成して、陽子ちゃんなんて、ゴミ箱にポイ、よ」

 

陽子「あーん! それはそれでいやなんですう」

 

ミドリ「冗談、冗談。ほら、はやく飲んでよね。やせるには、その薬が確実よ? すっっごく効くんだから。まあ、予定ではだけど」

 

陽子「ちなみに聞いておきますが、どうゆう理屈で、あたしは痩せるんですか?」

 

ミドリ「あら。意外といい質問をするわね。陽子ちゃん知ってる? 青色って、食欲をなくする色なのよ。青いおにぎりとか、青いカレーとか、人間には美味しそうに見えないものなの」

 

陽子「はあ。ちょっとわかる気がします」

 

ミドリ「そこで、この薬は! ありとあらゆるものが青く見える薬なの。これで食欲もなくなるってものなのよ」

 

陽子「ううーん? どうして、ありとあらゆるものが、青色に見えちゃうようになるんですかあ?」

 

ミドリ「それは簡単。目の中の細胞に、ちょーっと化学的な刺激を与えて」

 

陽子「(さえぎって。冷たい声で)却下です」

 

ミドリ「ああっ、薬を投げ捨てたっ!」

 

陽子「この薬はだめです! もし目が見えなくなったらどうするんですか!」

 

ミドリ「そんなドジはしないわよお。それにね、ちゃんと効果を打ち消す薬もあるの。これを飲めば、すぐに目は元通り」

 

陽子「今度は黄色の薬ですか。いちおう聞いておきますけど、それはどういう理屈なのですか?」

 

ミドリ「うん。これは、すべてが黄色に見える薬なの。つまり青と黄色で打ち消しあうというわけ」

 

陽子「いんちきくさいですう! 壊れたお腹を治す薬と、お腹からいっぱい出す薬を、一緒に飲むみたいなものですう!」

 

ミドリ「あら。うまいたとえ。陽子ちゃん、頭がいいわあ」

 

陽子「褒められても、ちっとも嬉しくないのです。あたし、もう帰りますからね。あ、あれ? 何だか目の前が青く……」

 

ミドリ「ああ。最初にあげたお茶の効き目が出てきたのね。意外と時間がかかるのねえ。これは、改良の余地ありだわ」

 

陽子「ひ、ひどいっ。お茶に、痩せる薬を混ぜたのですねっ」

 

ミドリ「うーん。つい、うっかりってやつ?」

 

陽子「うっかり、じゃありません! 黄色い薬、黄色い薬! あった!」

 

ミドリ「あ! 陽子ちゃん、それは!」

 

陽子「ごっくん、と。ふう。これで、もう青くは見えませんよね?」

 

ミドリ「あ、あのね、陽子ちゃん。今あなたが飲んだのは、オレンジの薬。開発中の、えっちな気持ちになる薬なの」

 

陽子「あ。あ。あ。何だか身体が。ああん、いやあん。陽子、変な気持ちになってきちゃったよお」

 

ミドリ「オレンジの薬は、まだ動物実験中なの。ちょーっと効き目が強すぎるのよね。って陽子ちゃん? あれ? 何する気?」

 

陽子「ああーん。身体が熱くて、もう我慢ができないのですう。ミドリ先輩、いっしょにえっちしてくださあい」

 

ミドリ「あ、あ。だめえ。あーん。陽子ちゃん、あーん。あーん」

 

陽子「うふふ。ミドリ先輩のここ、きれいな青い色」

 

ミドリ「あーん! あたしのそこは、きれいなピンク色よおーっ!」

 

おわり

LINEで送る
Pocket